出会い系での素敵な出会い・残念な出会い

彼女いない歴=年齢に彼女が出きた

私は現在大学生ですがつきあっている彼女はいません。

そのため、女性に対し体の欲望がたまりにたまっている状態となっていました。

何度か大学時代に女性とつきあおうとがんばってみました。

でも、私はそれほどカッコいい人間ではないので、女性とつきあうことができず、自宅で寂しい思いをしていたのです。

私の友達は彼女がいる人も非常に多く、私はしだいに劣等感を持つようになってきました。 

そんな中、私は仲のいい友達が出会い系サイトを使っているという情報を耳にしました。

早速、出会い系サイトに登録することにしてみたのです。

出会い系サイトは、非常に多くの夢がかなう最高のサービスだと自分では納得していました。

私はすぐに出会い系サイトのワクワクメールを使い、地元の女性と遊ぼうと思いました。

ワクワクメールには非常に多くの女性が登録していました。

私は複数人の女性とメッセージのやりとりをしながら、自分に興味がある女性を探していました。

その中でも趣味が同じである女性と仲よくなることができたので、
「一緒にデートに行こう」
と彼女を誘ってみました。

彼女も男性と遊んだ経験がほとんどなく、私と同じようにうぶな人間で、すぐにデートすることになったのです。

デートは喫茶店から始まり近くの観光スポットを巡るデートとなりました。

夕方頃には、私と女性はとても仲がよくなり、何でも話しができるような状態になっていました。

私は女性と肉体関係を持ちたいとすぐに思うようになりました。

彼女もそれに関しては私と全く同じような意見で、私はすぐに彼女の手をとって、ラブホテルに入ることにしました。

生まれて初めて女性の肉体の経験。

私は夢の中にいるような感覚に陥り興奮が収まらない状態となりました。

それから私はその女性と1週間に一度ぐらい肉体関係を持つようになりました。

私の女性に対する欲望はほとんど彼女で解消することができるようになったのです。

大学生までほとんど女性を知らなかった自分にとっては、出会い系サイトは神様みたいな存在です。

私のような不細工な男性でもしあわせな日々を送ることができることを教えてくれました。

今ではその女性と一緒に住もうと考えており、彼女のことを大切にしていきたいと考えています。

出会い系サイトで知り合った人間同士でありますが、本当に幸せな時間を彼女と一緒に作ることができるようになりました。

出会い系サイトは私にとって最高のサービスです。

30代からモテなくなっていた私に大人な彼氏ができた

20代の時はモテていたので、そんなに焦っていなかったのですが、30代になってから突然モテなくなりました。

合コンへ行ってもなんだか
「浮いているな」
と感じ始めていました。

男性も若い女の子にばかり話しかけられているので、私はもう女として終わっているのではないかと。

そんな残念な思いを感じ始めていた頃、ネットを見ていたらサイトのことを知りました。

中高年の方でも始められると書いてあり、ここなら私はまだ30代だからモテるかもしれないと思いました。

できれば40代の素敵な男性との出会いが希望でした。

若い男性はあまり経済力がなかったり、私から見ると包容力もないイメージだからです。

サイトを始めて1週間程したら、一人の男性からメールが来ました。

私のプロフィールを見て、趣味が合いそうだと気に入ってくれたみたいでした。

音楽が好きなことや映画を見ることが好きな点が同じだったようです。

相手の男性の年齢は42歳だったのでいいなと感じました。

一度は大人の男性と付き合ってみたいと思っていました。

好きな音楽の話題だけでなく、旅行の話もするようになって、毎日のようにメールをするようになりました。

私は海外旅行が大好きなのですが、相手の男性もフランスなど出かけたことがあるようで、話がとても盛り上がりました。

そのようなメールを1か月程続けていましたが、お互いに会ってみたいと感じ始めました。

私から誘うのも恥ずかしいので、相手の方から誘ってもらえる日を待っていました。

すぐに会おうと言わない所も、素敵だなと思いました。

私の気持ちを考えてくれている、大事にされていると感じました。

1か月経ってから、相手の方から公園に散歩に行こうと誘ってきたので
「私も行きたい」
と返信。

昼間に会おうと言ってもらえたので、やっぱり紳士的だなと感じました。

会ってみたら、私のタイプの男性でした。

清潔感のある服装で来てくれた彼は、とても優しい眼差しで私を待ってくれていました。

景色の綺麗な公園を二人で歩きながら、メールで会話した話のことを色々と話しました。

家族のことや出身地の話などもお互いに話しながら、写真なども撮って楽しみました。

その日はベンチで缶コーヒーを一緒に飲んで楽しく話しました。

あっという間に時間が過ぎてしまい、夕方には帰ることにしました。

また会う約束をしています。

とても素敵な男性と出会えて良かったです。

真面目なおつきあいをしたかったけど…出会ったのは遊んでいる男性

先日出会い系サイトで知り合った男性と食事に行きました。

その男性はメールのやりとりはマメではなく、真剣に恋活しているわけではないのかなという印象がありました。

真剣に恋活している私からしたら除外するような相手ですが、誘ってもらったし、
「せっかくだから」
という気持ちでお誘いをお受けしました。

 迎えた当日、待ち合わせ場所にいた彼はすぐにわかりました。

特別、カッコイイというわけではないのですが、
「この人モテそうだな」
と思わせる外見。

彼も私をすぐにわかったようで、すぐに笑顔を向けてくれました。

その後、向かったのは、彼が予約してくれた夜景の見える居酒屋でした。

横並びのソファーのため、距離感に戸惑う私に対して、彼は慣れている様でかなり近い位置に座ってきました。

その距離感のまま、2杯ほどお酒を飲みながら、会話を楽しみました。

22時半になった頃、彼がそろそろ出ようといい、会計も全て彼がしてくれました。

 お店を出ると、彼は私に
「ホットレモン買ってくれない?」
と言ってきたので、私達はコンビニに向かいました。

コンビニに着くと、
「アイスも買っていきつけの会員制バーで食べよう!」
と言ってきたので、私は快諾してバーへ向かいました。

 あるマンションの前にたどり着き、ちょっと違和感を覚えた私は、
「本当に、会員制バーだよね?自宅じゃないよね?」
そう聞いたところ、
「会員制バーだよ!」
と彼は答えました。

確かに都内は、マンションの一室でやっている会員制バーは多いので、上がるまでは半信半疑でした。

ですがいざ上がってみると、やはり自宅でした。

きっと初めてじゃないのでしょう。
何回か使っている手段なのかもしれません。

そんなウソをつく男性に出会ったのは初めてでした。

そしてその先にあるものはわかっていましたが…。
終電もなかったので泊まらせてもらいました。

結果、彼とは後にも先にも会うことはなく、その1度で終了してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です