奥手な私の初めての交際

プライドが高く臆病な私

私は自他共に認める奥手でした。

自分の気持ちに鈍感だったというのもあります。

その上、プライドが高く臆病だったのです。

そんな私にも片思いの経験はあります。

でも、自分の気持ちに気づくのが遅く、気づいても行動を起こすのが怖くて何もできず、そのまま終わってしまうことばかりでした。

そんな私に初めての恋人 ができたのは、26歳のときです。

気合いを入れずに合コンに参加

当時、私は派遣社員で、契約満期終了が近く、引継ぎ業務で忙しくしていました。

そんな中、友人主催の合コンに呼ばれて参加しました。

仕事が忙しく、あまりはりきっていなかったのを覚えています。

でも、その気合が入っていなかったのがプラスに出たようで、その日の合コンは 緊張することなく楽しむことができました。

そこにいたのが恋人になる彼でした。

合コンのときは、そんなに話す機会がなかったのですが、共通の趣味があることがわかりました。

お開き前に、みんなで連絡先を交換しあい、
「また遊ぼうね」
と口約束をしましたが、その後誰かがアクションを起こすこともなく、そのまま過ぎ去りました。

気まぐれのメールが交際へ…

1週間ほど経ったころ、私は気まぐれに彼にメールを送りました。

今思えば、無意識でしたが、私の中での彼は好印象だったのです。

その気まぐれのメールが、彼との交際のきっ かけになりました。

その後、メールのやりとりは順調に進み、デートをするようになりました。

私は男性に対して変に構えてしまうところがあります。

でも、彼はあまり異性を強く意識させる行動がなく、とにかく一緒にいて楽しい時間を過ごせるように、さりげない気遣いをしてくれたのです。

彼は、わかりやすく、
「男性だから奢る」
とか、
「女性をエスコートする」
みたいなことは全くありませんでした。

でも、そんな彼だから、親しみやすく、警戒心を抱かずつきあえたのだと思います。

初カレが旦那様

何度かデートをした後に、彼から告白されました。

答えはもちろんオッケーです。

その後、交際は順調に進み、結婚することになりました。

私の初めての彼は、旦那様になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です