今でも気になる、特別な人。

小学校5年生の時、すごく大好きになった人がいます。

その人はひとつ年上で学校も違うのですが、同じスポーツをしていたことで知り、一目惚れしました。

その人が中学になってからはあまり見ることがなかったのですが、私も中学生になり同じ部活に入ったので、年に数回は大会などで見ることが出来ました。

毎日 会えないからこそ 思いが募るというか、好きで好きでどうしようもありませんでした。

そんな時、クラスメイトの男子に告白され、付き合うことになりました。

なんとも思ってい なかったはずの人なのに 告白されたことが初めてだったので、ただそれだけで好きになってしまったのでしょう。

舞い上がっていました。でも、部活の大会に行くと、やはり目線の先に は彼がいました。

その人しか見えませんでした。

私のクラスメイトの彼に対する「好き」という気持ちはどんどん冷め、結局自然消滅という形で終わりました。

その後、高校に なってもお互い部活を続け 相変わらず私の片思いは進行中で、他の男子には目もくれませんでした。

毎日毎日彼のことを考えては悩み、妄想し、今となってはあの頃は本当にピュアだった と思います。

社会人になり、今の主人と出会い、結婚しました。でも、一度もその片思いの彼を忘れたことはありません。

それは「好きな人」という感情ではな く、「すごく好きだった人」としてだと思います。

今もしどこかで見かけたら、きっとドキドキするかもしれません。

また昔の感情が甦るかもしれません。正 直、期待している自分がいるんです。

今の主人には申し訳ないのですが・・。

一度も話したこともない人なのに、あんなにも好きになるものなんですね。

もう一度彼氏を募集しようか考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です