恋愛体験談

中学校に入学してから同じクラスの同級生を好きになりました。

彼は私とは違った小学校から来た子だったのでまだ性格もよく知らないのに、気になって仕方ありませんでした。

私の一目惚れで始まった恋でした。

彼とは近くの席になったりと嬉しいきっかけがあって多少話をする関係になっていきました。

彼の同じ出身小学校の女友達からも協力してもらいながら少しづつ込み入った話したりする中になりました。

彼のことを知れば知るほどどんどん好きになっていきました。

彼は運動神経抜群で学年で一番足が速い所や学級員でクラスをまとめたりできるリーダーシップのある人でした。

そんな彼のことをどんどん好きになっていったのに、私は好きな気持ちが強くなりすぎてうまく話せなくなったりしてきた時期もありました。

2年になって、またもや同じクラスになった彼。

同じクラスになった時は泣きながら喜びました。

また一年彼と一緒だと思うとすごく嬉しくて学校に行くのが楽しくてありませんでした。

1年の時同じクラスだったこともあり、多少は会話をしていたのでクラスの子達には付き合ってるの?と冷やかされたりもしました。

それでも私は全然恥ずかしいなんて思わずむしろもっと自分のことを意識してほしいと思っていたのでやる気になっていました。

彼と同じ塾に行くようになってからはまた少し会話が増えました。

学校の時と違う彼は一層イケメンでドキドキしっぱなしでした。

2年生の時に彼も私のことが好きだということを噂で聞いたのですが私は学年で一番モテる彼が私のこと好きなわけない…と信じていませんでした。

3年生になってからクラスは離れ隣のクラスになりました。

すごくショックでしたが休み時間には彼も私も友達と廊下で遊んでいたのでそんな姿を見れるだけで幸せでした。

クラスが変わってからは会話は減っていたのでもう叶わない片思いでいいやと思っていた時、ありえないことが起こりました。

卒業を目前とした時期に彼の仲の良い友達に呼び出されました。

彼が呼んでるから来てって。

何で?って気持ちと久々に話せるから呼び出し場所に行くまでの間、気持ちが高ぶりすぎてドキドキしっ放しでした。

待ち合わせ場所に行ってから彼と彼の友達が数人いました。

友達に急かされながらも彼が何か言いたそうだったのですが、恥ずかしさと沈黙の時間が苦しくて私は、話がまとまったらまた話そう?と言ってその場を去ってしまいました。

その直後、彼と仲の良い同じクラスの男友達に、あいつのことフったの?お前も好きやったんやないの??と言われ、その時に初めて彼が私に告白しようとしてくれてたのがわかりました。

すごく嬉しかったけど、翌日には彼は振られたという噂が校内では回っていて私は彼のことを好きな女の子からやっかまれたりしました。

どうにか誤解を解こうと思ったけど、彼の友達にもフったから話すことないでしょ。と突き放されどうにもできませんでした。

高校は離れてしまいなかなか顔をあわせることもなくなった彼でしたが私はずっと彼を忘れられませんでした。

17になって同じ高校の子に告白されて付き合うことになってからやっと彼のことを思い出に出来ました。

まだまだ未熟だったなと今になっては思いますがとても良い思い出です。

彼のことを好きになれてよかったです。

今でも気になる、特別な人。

小学校5年生の時、すごく大好きになった人がいます。

その人はひとつ年上で学校も違うのですが、同じスポーツをしていたことで知り、一目惚れしました。

その人が中学になってからはあまり見ることがなかったのですが、私も中学生になり同じ部活に入ったので、年に数回は大会などで見ることが出来ました。

毎日 会えないからこそ 思いが募るというか、好きで好きでどうしようもありませんでした。

そんな時、クラスメイトの男子に告白され、付き合うことになりました。

なんとも思ってい なかったはずの人なのに 告白されたことが初めてだったので、ただそれだけで好きになってしまったのでしょう。

舞い上がっていました。でも、部活の大会に行くと、やはり目線の先に は彼がいました。

その人しか見えませんでした。

私のクラスメイトの彼に対する「好き」という気持ちはどんどん冷め、結局自然消滅という形で終わりました。

その後、高校に なってもお互い部活を続け 相変わらず私の片思いは進行中で、他の男子には目もくれませんでした。

毎日毎日彼のことを考えては悩み、妄想し、今となってはあの頃は本当にピュアだった と思います。

社会人になり、今の主人と出会い、結婚しました。でも、一度もその片思いの彼を忘れたことはありません。

それは「好きな人」という感情ではな く、「すごく好きだった人」としてだと思います。

今もしどこかで見かけたら、きっとドキドキするかもしれません。

また昔の感情が甦るかもしれません。正 直、期待している自分がいるんです。

今の主人には申し訳ないのですが・・。

一度も話したこともない人なのに、あんなにも好きになるものなんですね。

もう一度彼氏を募集しようか考え中です。

奥手な私の初めての交際

私は自他共に認める奥手でした。

自分の気持ちに鈍感だったというのもあります。

その上、プライドが高く臆病だったのです。

そんな私にも片思いの経験があり ますが、自分の気持ちに気付くのが遅く、気づいても、行動を起こすのが怖くて何もできず、そのまま終わってしまう事ばかりでした。

そんな私に初めての恋人 ができたのは、26歳の時です。

当時、私は派遣社員で契約満期終了が近かった日で、引継ぎ業務に忙しくしていました。

そんな中、友人主催の合コンに呼ばれ て参加しました。

仕事が忙しく、あまり張り切っていなかったのを覚えていますが、その気合が入っていなかったのがプラスに出たようで、その日の合コンは、 緊張することなく、楽しむことができました。

そこにいたのが彼です。合コンの時は、そんなに話す機会がなかったのですが、共通の趣味があることがわかりま した。

お開き前に、皆で連絡先を交換し合い、「また遊ぼうね」と口約束をしましたが、その後誰かがアクションを起こすこともなく、そのまま過ぎ去りまし た。

1週間ほど経ったころ、私が気まぐれに彼にメールを送りました。

今思えば、私の中では好印象だったのです。

その気まぐれのメールが、彼との交際のきっ かけになりました。

その後、メールのやり取りは順調に進み、デートをするようになりました。

男性に構えてしまうところのある私でしたが、彼はあまり異性を 強く意識させる行動がなく、とにかく、一緒にいて楽しい時間を過ごせるように、さりげない気遣いをしてくれたのです。

わかりやすく、「男性だから奢る」と か、「女性をエスコートする」みたいなことは全くなかった彼ですが、それが私にとっては、とっても親しみやすく、警戒心を抱かずに付き合えたのだと思いま す。

何度かデートをした後に、彼から告白されました。

答えはもちろんオッケーです。

その後、交際は順調に進み、結婚することになりました。

私の初めての彼 は、旦那様になりました。

友人のメル友の友達に恋しました。

高校生の頃、友人には、友人に紹介された大学付属高校に通う男性とメールをしていました。

その男性と友人は、気があったようで、メールのやりとりを1ヶ月 位した後に、実際に遊んでみようとなったのですが、2人で遊ぶのは恥ずかしいとなって、お互い友達を連れて4人で遊ぼうとなり、私が誘われました。

友人に 連れられ、待ち合わせの場所にいくと、私は友人のメル友の友達に一目惚れしてしまいました。

その後カラオケへ行ったのですが、歌も上手で一瞬で彼のことを 好きになってしまいました。

その日は四人で楽しく遊んで終わりました。

その後やっぱり彼のことが気になったので、友人に、メル友の友人の連絡先を教えてほ しいとお願いしました。

友人は、メル友に連絡先を聞いてくれて、私は、友人のメル友の友人とメールしることになりました。

私は、連絡先が交換できてとても うれしかったです。

ほぼ毎日のようにメールしました。

私は、向こうからメールが来たらすぐに返信していたのですが、向こうからはすぐに返ってくることはあ まりありませんでした。

進学校だし、勉強が大変なのかなー位に思ってあまり深くは考えていませんでした。

しかし、本当は私にあんまり興味がなかっただけみ たいでした。

ですが、私は毎日のように一生懸命何かと話題をふりなんとかメールを続けようと必死でした。

そんな私に彼もそっけないながらも返事をしてくれ ていました。

しかし、メールをやりだして、2ヶ月程たった頃に、好きな人がいるからもうメールできないごめんと突然言われ、あっけなく私の恋は終了してし まいました。

こんな私にも優しくしてくれた同級生

私は、中学生時代はあまり楽しいものではありませんでした。

中学校入学に合わせて他の地域から引っ越して来た為、友達がおらず、地味で引っ込み思案な性格 の為、新しい友達もなかなかできず、いつもクラスで浮いていて、1人で過ごすことが多い中学時代でした。

そういう状態でしたので、異性の男子なんかとは、 1日に一言もしゃべらないなんて普通でした。

私がいつも1人ぼっちなので、それをネタに意地悪してくる男子なんかもいたりしました。

しかし、学年で1人だ け、私に優しく接してくれる男子がいました。

その男子は、勉強はできないけれど、明るくて面白くて学年の人気者の男子でした。

その男子は、私と目があった り、すれ違ったりすると、おはようとかささいなことですが、話しかけてきてくれました。

本当にささいなことなのですが、学校に言ってもほとんど、同級生と 話しかけられることのない私にとっては、それがとても嬉しかったのを覚えています。

友達はなかなかできなかったけれど、その人がいるから会いたくて毎日学 校に行っていました。

その男子のことが私は好きでしたが、向こうは、恐らく私のことなんて何とも思っていないので、おはよーなどと言われおはよーと返事を するだけの関係が三年間続きました。

それでも、私にはドキドキの学校生活でした。

中学校を卒業後は、高校も別になってしまい、携帯の番号やアドレスを知ら なかった私とその男子とは何の関わりも無くなってしまいましたが、とてもいい思い出になっています。

大人になった今でも、地味で引っ込み思案な性格は変 わっておらず、なかなか男性に相手にされないので、この男子のような男性に出会える日を待っています。

Copyright © 2016 恋愛体験談

Theme by Anders NorenUp ↑